ピル値段/安くて副作用も少ないので安心して服用を続けられます

ピル値段

 

 ピルの値段って、まさに自分への投資の値段。良くも悪くも何種類かある低用量ピルの値段に大差は有りません。

 

因みに後程、高用量ピルについても解説していきたいと思います。

 

勿論、直接体の中に取り入れる物ですので慎重に医師と相談しながら安心して「投資」出来るピルを選んで頂きたいのですが。

 

ピルにしっかり慣れてきたら、ピルへの投資の値段を少しだけ浮かせて、浮いたお金を違う用途に回す事も可能です。

 

敢えて言うのもいやらしい気がしますが、ピルへの予算を少しでも抑えたいなら通販をお勧めします。

 

時々、初回から通販を利用して中途半端な情報と知識でピルに手を出そうとしてる人を見かけますが、ハッキリ言います。危険な行為ですので止めましょう。

 

 

平均3千円〜5千円で「安全」が買えます。ピルの処方を希望して受診すると昨今は平均的に窓口請求が3千円〜5千円となってます。

 

とは言え強気に、未だに万単位で請求してくる医院が有るとの情報も有りますので事前に電話などで問い合わせておく事をお勧めします。

 

生理痛が強い・PMSの不快症状が重い・生理不順の改善・子宮又は卵巣疾患の治療以外の目的の場合、ピルを用いた治療が目的ではない場合(避妊目的)は完全に自由診療になってしまうので受診した医院によって値段が異なってきます。

 

ピルの値段は使用する人・ピルをどんな目的で飲むかで捉え方も大きく変わって来てしまいますが沢山の女性を平等に色んなトラブルから救ってくれる女性の強い味方だと思っています。

 

ピルの値段に拘り過ぎず相性の良いピルと出会い効能を実感してください。

 

緊急避妊薬

 

 冒頭で一瞬だけ触れた高用量ピルについて解説していきたいと思います。

 

緊急避妊薬(高用量ピル)は事後でなければ病院で処方されません。

 

身体に合うか心配だし、もしも避妊に失敗したらすぐに飲みたいから予め処方してもらっておきたい!と考える方も居るかもしれませんが。

 

病院で「既成事実が無い患者」に緊急避妊薬を処方されることは有りません。

 

ならば虚偽の申告で処方してもらおうというのも通用しないので、くれぐれも虚偽の申告をしたりしないで下さい。

 

貴重な高用量ピルが1回分、ダメになってしまいます。処方して頂いた緊急避妊薬は持ちかえる事は出来ません。その場で服用するように指示されます。

 

けれど、もちろん、同じ女性として万が一に備えたい気持ちは共通だと思いますので別ルートの入手方法を紹介します。

 

皆さん、薄々?感づいてると思いますが「通販」です。低用量ピルのように長期服用する薬ではありませんので緊急避妊薬の場合禁忌が殆どありません。

 

 

強いて言えば妊娠が成立してしまってる妊婦は服用できないという点ですね。

 

通販で注意して頂きたいのは偽物と本物を見極めて頂きたいという点です。

 

また事が起きてから個人輸入通販で買い物したのでは、とてもじゃありませんが間に合いません!

 

緊急避妊薬の規定は知ってる人の方が殆どだと思いますが事後72時間以内に服用する必要があります。(最新のエラワンに限っては事後120時間)

 

これに対し、個人輸入でクリックしてから実際に商品が届くまで約10日を要しますので万が一にも緊急事態に見舞われましたら産婦人科を受診して下さい。

 

緊急避妊薬は余裕持って通販で購入して手元に置いておくことをお勧めします。

 

ピル消退出血

 

 ピル服用後、必ず起こる消退出血。勿論、説明されなくてもしっかり熟知してる事と思いますが間違っても副作用の類ではない、起こるべくして起こる出血ですので安心してください。

 

排卵を伴わないので生理と区別されてます。って、これも解説されなくても把握してる事ですね。

 

でも排卵が無いのに、そもそも内膜が剥がれるのは何故?って素朴な疑問が浮かんできませんか?

 

 

ピルを一定期間服用し続けると、当然血中ホルモン濃度は上昇していきます。

 

21日間滞り無くしっかり服用してピルの服用を止めると、今度は上昇してたホルモン濃度は降下に転じます。

 

一定のラインまで降下すると今度は子宮の内膜が剥がれて出血します。

 

排卵を経て内膜を定期的に剥がす「生理」と区別する為にホルモン剤でホルモン濃度を管理されて起きた出血を「消退出血」と位置付けてます。

 

これは、低用量ピルでも中用量ピルでも高用量ピルでもピルの服用を止めれば必ず起こる出血です。(妊娠が成立していなければ)

 

ただ、第一世代のピルに限っては消退出血が確認できないケースが時々報告されてます。心当たりが無い方は余り気に病まず気楽に待ちましょう。

 

とは言え、アフターピル服用後の消退出血が3週間以上確認できない、次の生理予定日までに出血が確認できない場合は速やかに受診してください。

 

また出血が確認できても量が異様に少ないなど心配な点が有りましたら速やかに受診してください。アフターピルは通常、ストレス等の影響は受けません。

 

ピルによる消退出血は避妊成功の証です。正しく飲んで避妊しましょう。

 

ピル効果

 

 ピルの効果は正しく服用されてれば誰でもワンシート飲み切る頃には体感
確信に変わる事と思います。

 

避妊効果の発揮・PMSの軽減・肌質改善・出血のタイミングの安定や出血時の痛みの軽減。

 

ピルの効果をしっかり実感してる事と思います。値段も、そんなビックリするほど高くないので継続して無理なく服用を続けられます。

 

そして意外かもしれませんが、妊娠を阻止する効能を発揮する一方で不妊治療の一環でピルを使用する事も有ります。

 

不妊症の理由や原因って決して一つでは無くて、排卵がしっかり出来ない事が原因の不妊症も当然あって、そんな時はピルを服用して卵巣をしっかり休ませて機能を取り戻させたところでピルを止めて様子を見る。

 

継続して飲んでいれば当然、排卵は無いので妊娠はしないのですが医師の指導の下で服用を止めて見ると意外にもスムーズに授かる事が出来るケースも少なくありません。

 

個々に色んな思惑でピルを飲んでいる事と思いますが、色んな思惑にしっかり応えてくれるのが、1日1回、たった1錠の小さな小さな低用量ピルなんです。

 

このピルに付いて回る副作用の情報や根拠の無い情報は服用して効果を実感した皆さんの手で払拭された事と思います。

 

 

なので、これから、まさにピルを飲み始めようかどうか迷ってると言う方に積極的にピルの服用を考えてほしいと思います。

 

ピルの効果を実感して生活の質をより高い物に磨いていって欲しいと思います。

 

生理が安定する・痛みが軽減する・生理前の不調が消失していく・妊娠の脅威から解放される。

 

色んな「性」と「生」の悩みから女性を解放するのがピルの効果です。

 

ピル種類変更

 

 色んな理由でピルの種類を変更したいという時のポイントを紹介していきたいと思います。 

 

今更述べるのも何ですが、ピルの種類は幾つも有りますね。一度処方されたピルの種類を違う物に変える理由って、それなりに色々あると思いますが。

 

例えば初めて処方されたピルが、どうしても身体に合わない場合は無理して合わないピルを続ける必要は無いので、医師の指導の下違うピルに変更しましょう。

 

ピルの種類を変更する際は大抵、医師の指導の下で行う事ですので敢えて此処で解説するのもあれですが注意事項を述べます。

 

実薬を服用中に突然違う種類のピルという事は、まず避けます。

 

まず低用量ピル同士の変更について解説します。実薬を21日間服用して、7日間の休薬を経て次のシートに移るタイミングで新しい種類のシートを開始します。

 

新しいシートという事で気になるかもしれませんが、この際、生理を基準にする必要はありません。重要なのは休薬の7日間を厳守する事です。

 

出血の有無に関係なく、休薬明けから新しい種類のピルを飲み始めましょう。

 

勿論、避妊効果はそのまま維持されてますので安心して服用を続けて頂きたいと思います。

 

続いて低用量ピルから、超低用量ピルのヤーズに変更する場合を解説します。ヤーズは因みに実薬が24錠になります。

 

 

実薬が3日分増えた事で出血も今までと違うタイミングで来るわけですが。これまで通りのタイミングに消退出血が来てくれないと都合が悪い!という方も当然居られると思いますが。大丈夫です、調整は可能です。

 

休薬を3日間短縮して調整してください。休薬が短縮される分には別段予期せぬ妊娠や不正出血等の危険は有りません。

 

次に中用量ピルから低用量ピルへ変更しようとする場合は中用量ピルを飲み切ったところで、生理の初日に低用量ピルを飲み始めてください。

 

ピルの種類の変更はタイミングが大事ですので指示通り服用しましょう。

 

ピル40代

 

 どうでも良い情報かと思いますが、私、間もなく40代を迎えようとしてます。

 

そこでピルって40代になっても安全に服用できる物なのか気になり始めたので調べてみました。

 

ネットで集めた情報を集約した訳では無く、実際に掛り付けの産婦人科の先生に相談した結果ですので安心して続きを読んでいただきたいと思います。

 

先に結論から言ってしまいますが、全然問題ないです。どのように、問題ないのか解説していきます。

 

ピルは何も若年者の避妊の為だけに作られたわけではありません。目的は多岐に亘ります。

 

ある程度年齢を重ねた女性に嬉しい効果としては骨粗鬆症を予防してくれたり更年期障害も穏やかにコントロールしてくれます。

 

また、子宮がんや乳がん、卵巣疾患の抑制も期待され、注目されてます。

 

 

引き続き安心してピルの服用を継続していきたいと思います。

 

ただ、加齢に伴い長年の食生活の蓄積等で、血液がドロドロし易くなったり血圧も上昇してきたりする現象を避けきれない事が有ります。

 

また代謝も悪くなり、体重増加が起こりやすくなり、結果的に他の臓器や血管にも思いの外負担を掛ける事になるので、ある程度はカロリーやバランスに気を配った食事を心がけるようにとの指導でした。

 

芳しくない状態を継続しつつのピル服用はリスクも出てきますので食生活や日常生活で改善が必要な所は改善して安全にピルの服用を続けて行くようにとの事でした。

 

気を付ける所を気を付ければピルは40代でも全く問題なく服用できるという事ですので該当する女性も安心して服用を続けて頂きたいと思います。

 

ピル生理

 

 ピルは生理に広い意味で良い方向に働きます。まず服用してみて実感されるのが生理痛の軽減・量の減少・周期の乱れの改善ではないでしょうか。

 

もう、生理の度に憂鬱に成らなくて良いんです。毎回生理痛が重かったりすると本当に憂鬱になりますね。

 

そして、同じ位に手強いのが、生理がくる前から既に具合が悪くなる、いわゆるPMSですね。

 

 

大丈夫です!こういった生理に関係するトラブルはピルでスッキリ解決です。

 

我々女性を苦しめるPMSの明らかな原因と言うのは実はまだ解明されてない部分が多いのですが。

 

ピルには副効果としてPMSを軽減する嬉しい働きがあります。

 

量が多かったり、痛みが強かったり度々、憂鬱な気分にさせられる「生理」ですが今更解説するのも何ですが生理は女性にとって非常に重要な「現象」です。

 

妊娠が成立してない証拠・そして、しっかり排卵されてる証拠。ある意味重要なバローメーターとなります。

 

その生理が時に乱れて、妊娠が成立してないにも拘らず生理が来なかったり排卵が無いのに出血は普通に確認出来たり。

 

生理で一喜一憂する事も有ると思いますが。色んな生理に纏わる問題を一気にスッキリ解決するのが低用量ピルですね。

 

ピルで生理を安定させましょう。そして避妊したい時にしっかり避妊して、いざ新しい命を迎える準備と環境が整ったらピルを一度卒業しましょう。

 

余談ですがピルを止めるタイミングとしてベストなのはワンシートは、しっかり服用し休薬に入るタイミングで、そのままの流れでやめて行くのが良いとされています。

 

シートの途中で止めるとホルモンバランスが崩れる場合があるそうなので医師と相談しながらやめるタイミングを見極めましょう。